消費者金融と銀行系カードローンの差

安心してお金を借り入れできるのが、銀行系カードローンです。銀行でお金を借りる、と聞いてびっくりしてしまう人や、銀行でお金を借り入れるのは危ないという人はまずいませんよね。

銀行は消費者金融よりも安心できるイメージがあり、堅実な人に向いています。
消費者金融でお金を借りている、と言うと大抵の人はびっくりしてしまいますし、場合によっては借り入れなんて危険だよ、なんて言ってきますが、銀行で借り入れている、となるとイメージが格段に変わります。消費者金融に抵抗を持っている人でも、銀行で借り入れるとなれば抵抗はありませんよね。銀行員も親切であり、借り入れの際に疑問点があれば教えてくれます。フリーダイヤルで質問を受け付けている銀行も多く、段々と消費者金融同様サービスが豊富になってきています。銀行は低金利なので、長期間借り入れていても金利が高額になるケースは少ないです。良心的なために、債務が膨らんだり、知らない間に過払いを行っていたり、なんてトラブルも無いでしょう。

銀行系カードローンの特徴とは

銀行系カードローンの特徴は総量規制対象外で低金利で多くのお金を借りれること。金利の金額は多くのお金を借りると安くなるため、生活の必需品を購入するための資金として使うと効果的です。

カードローンを正しく選ぶポイントは金利の金額や利用可能額などを確かめ、今後の収入の状況を考えて選ぶことです。http://www.saukrapidsfarmersmarket.org/ ←例えばこの様な比較サイトを見れば、各サービスがどのような条件で融資を行っているのか簡単に知ることができ便利です。

正しく知って賢く利用したいですね。

消費者金融の申し込みで迷いやすいところは?

消費者金融の申し込みというのは大体はどこも同じようなことを書きます。

初めてだと書くことが多くて大変かもしれませんが、一度以上申し込んだことがある方ならそれほど迷わずに書けるでしょう。

しかし消費者金融の経験がある方でも申し込みで迷いやすいのは借入件数です。

同じような業者に借入しているのなら迷わないでしょうが、クレジットカードのショッピング枠を
使っている場合などはこれも入れていいのか迷う方も多いようです。

他にも信販系や銀行系は違うのかといった疑問もあります。

ただここで忘れてはいけないのは、業者は情報機関を通して申し込む人の消費者金融などの借金については
情報を把握しているということです。

それを考えれば、クレジットカードだろうが借入しているものは全て書いた方が無難です。

「この人は嘘をついてお金を借りようとしている」
と業者に見なされれば審査が通らなくなってしまいます。

もしどうしても心配ならコールセンターなどに問い合わせてみるのもよいかもしれませんね。

大手以外の消費者金融で融資を受けたい!という方への検索ガイド

消費者金融と言えば、多くの方が大手消費者金融を利用されると思います。
ですが、消費者金融はお金の貸し借りをするわけですから、どうしても個人的なトラブル(滞納など金銭問題を除く)があったり、「もうこの消費者金融は利用したくない」と思うケースが起こりがちです。

そんな、大手は利用したくないけど、近くにどんな消費者金融があるかわからない、と言った方に有効な手段が、日本貸金業協会の公式サイトの利用です。
日本貸金業協会は、全国の大半の消費者金融が登録をしている機関であり住所や電話番号を網羅しています。ここで会員名簿を照会することにより、近くの消費者金融を全て知る事ができるのです。

また、日本貸金業協会は法律に抵触しない金利と適切な融資を行っている業者のみが登録できる機関ですから、ヤミ金などの心配はほぼありません。これまで業者に対して行われた処分や事件も毎年情報公開を行っている為、より安心して融資を受けられる機関を調べる事も可能となります。
運営実態は実際に問い合わせをしてみないとわからない点がデメリットですが、自分の足でお探しになるよりは、はるかに効率的に検索する事ができます。

カードローンなら低金利で人気の銀行系がおすすめ

カードローンとイメージすると金利が高く、本当に困った時でも利用するか悩むものでしたが、最近のカードローンは昔に比べて、とても金利が低く、更には多くの銀行でも利用出来る様になり身近な存在となっています。ちなみ金利については、どの機関でも最高金利が18%以下、そして最低金利については3%から利用できるものもあり、利用者にとっては申し込みしやすい状況になっています。

 急なお金が必要になった時には、クレジットカードのキャッシングを利用する方法があります。確かにクレジットカードを所持している方は多いと思いますので、簡単にお金を引き出すことができます。しかしクレジットカードのキャッシングの金利は年利18%程度と非常に高いです。それに比べ、銀行カードローンの金利の方が断然低いです。又、利用限度額もクレジットカード低く、カードローンの方が十分な融資を受ける事が可能です。

 カードローンを取り扱っている機関は銀行から消費者金融など多々あります。両者の違いは、殆どありませんが、総量規制があるかないかの違いです。総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。しかし銀行からの借入については貸金業者からの借入ではないため総量規制の対象から外れることになります。

 銀行で利用するか、消費者金融で利用するかは、借りる金額によって使い分ければ良いと思いますが、やはり銀行が提供しているサービスであることから、銀行カードローンの方が安心して利用できるといったメリットがあります。又、最近では銀行カードローンでも即日融資が可能なところもありますので、便利だといえます。
 

いずれにせよ、カードローンは返済計画をしっかり立ててから利用するのが大原則です。

フリーローンについて

みなさんはこれまでに銀行でフリーローンを利用してお金を借りた事がありますでしょうか?
きっと多くの方はこれまでに銀行でお金を借りた事はあってもフリーローンを利用してお金を借りた事がないと思います。

では、これまでに銀行でお金を借りた事があるという人はどういうのを利用してお金を借りてきたのかというと、それはカードローンだと思います。

確かに銀行でお金を借りようとする時は一般的にはカードローンを利用するのが普通です。ですが、カードローンよりもフリーローンを利用した方が都合の良いポイントがあります。

それは何かというと、フリーローンというのはカードローンと違って
限度額まで何度も借入れができない為、お金の借りすぎを防ぐ効果があるのです。

ですから、これまで銀行でお金を借りる際にいつもカードローンを利用されてきたという方はぜひフリーローンを利用されると良いと思います。

そうすれば、みなさんも今以上にお得にお金を借りる事ができるようになると思います。